リチウムイオン電池関連の本命は?

4月から環境対応車の減税が始まります。
これは、電池メーカーにとっては吉報です。

環境対応車の本命は何か。
現時点で1番現実的なのは、
プラグインハイブリッドカーでしょう。

プラグインハイブリッドは、
電気自動車とハイブリッド車の中間的な存在で、
なるべく電気で走行し、
足りないときだけエンジンを回します。

電池の性能が良くなるほど、
エンジンを回す機会が減っていき、
純粋な電気自動車に近づいていくことになるわけです。

ということは、電気自動車全盛の時代がくれば、
重用なのは自動車メーカーではなく、
電池メーカーということになります。

今後の主流となる電池は、
言わずと知れたリチウムイオン電池。
ハイブリッド車に使われているニッケル水素電池より
小型で容量が大きく、高性能であることが特徴です。

リチウムイオン電池の大本命と言えば、
今までもたびたびご紹介してきた
ジーエス・ユアサコーポレーションです。

この夏にデビューが予定されている
三菱自動車のiMiVE(アイミーブ)に搭載されるほか、
ホンダにも提供することが決定しています。

電気自動車用のリチウムイオン電池は、
三菱商事および三菱自動車との
合弁子会社で製造しますが、
完成品は他の自動車メーカーに卸しても
よいことになっているのです。

現在、製造の各工程は機械化されていますが、
機械間の運搬は手作業で行っているとのこと。
今後、いろいろな自動車メーカーと
取引が拡大すれば、
完全自動システム化が実現し、
電池の価格は半分になるそうです。
さらに、量産体制が整えば、
材料コストなども下がり、
さらにその半分の価格が視野に入ってきます。

低価格化が実現すれば、
ジーエス・ユアサの電池は圧倒的な
競争力を持つことになり、
鉄道や船舶、建設機械、ロボット、太陽光発電や
風力発電の蓄電設備など、
あらゆる用途に使用される可能性が開けることになります。

IT革命時のソフトバンクやヤフーのように、
大成長を遂げる潜在的な能力を
持っているというこというわけですね。

その他の注目銘柄としては、
新神戸電機があげられます。
自動車用バッテリーと産業用蓄電池が主力事業ですが、
日立が中心となって設立した
「日立ビークルエナジー」に参加しています。

日立は、モーターからインバータまで、
ハイブリット車や電気自動車関連の
幅広い技術を持っています。
新神戸電機にしてみれば、
大変力強い見方がバックに付いているわけで、
それが、大きな強みとなっているのです。

日立ビークルエナジーは米国のGMと契約。
2010年からハイブリッド車用の
リチウムイオン電池を出荷する予定となっています。
GMの経営は、現在不安定な状態にありますが、
もし、実現すれば、年間10万台以上に
なる可能性大とのことです。

もう1社、穴場の銘柄になりますが、
田中化学研究所をご紹介しましょう。

リチウムイオン電池は、
正極材、負極材、電解液、セパレータなどでできています。
負極材は炭素、
セパレーターはポリオレフィンなどというように
その材料はほぼ確定していますが、
正極材のみ研究開発の途中で、
未開拓の分野とされています。
その正極材の専業メーカーであり、
有望な技術を開発すれば、
大きく化ける可能性を秘めています。

これから、どこがリチウムイオン電池の大本命株となるか、
興味津々です。
最近、暗いニュースばかりなので、
たまには、夢のある話もいいですよね。

(2009/3/30 記)