バフェット銘柄有望候補リスト

本日は、日経ヴェリタスからの話題です。

「もし、ウォーレン・バフェットが日本株を買うとしたら
どの銘柄が有望か」という予測を
日経ヴェリタスの記者が行っています。

スクリーニングの条件は、
バフェットの投資法則に習い、以下のように設定。

1.自己資本利益率(ROE)が高い企業
  ・ROE15%以上。

2.無借金か借金がほとんどない企業
  ・営業キャッシュフロー(事業活動から生まれる現金収入)から
   投資キャッシュフロー(設備投資などに使った現金)を
   差し引いたフリーキャッシュフロー(純現金収支)が黒字。

3.規模の大きな企業
  ・経常利益が50億円以上。

4.継続して利益を上げている企業

5.事業内容が単純明快である企業

これらの条件でスクリーニングを行った結果、
最終的に絞り込まれた
「バフェット銘柄有望候補リスト」は次のとおりです。
(リストは、ROEの高い順)

銘柄名 コード ROE
ポイント 2685 33.2%
ユニチャームペットケア 2059 24.9%
プロトコーポレーション 4298 23.5%
ABCマート 2670 22.5%
任天堂 7974 22.5%
大和工業 5444 20.0%
イオンディライト 9787 19.9%
朝日工業 5456 19.3%
もしもしホットライン 4708 18.3%
ファーストリテイリング 9983 17.3%
沖縄セルラー 9436 16.8%
久光製薬 4530 16.2%
アステラス製薬 4503 16.0%
大塚商会 4768 15.6%
サンドラッグ 9989 15.3%

(出所:2009年6月7日付け日経ヴェリタスより 一部抜粋)

朝日工業は、2009年3月2日付けデイリーアイ
「肥料を作る製鉄会社」でご紹介した企業ですね。

ポイント、ユニチャームペットケア、サンドラッグなども
触手が動く銘柄です。

しかし、こうしてみると、衣料品や靴などの小売り、
製薬会社など、生活密着型の企業の名が並んでいますね。
バフェットが好みそうなラインナップです。

(2009/6/9 記)