じゃがポックル

このところ、デイリーアイの更新頻度が減ってしまい、
申し訳ありません。

会員様向けのメールマガジン「ロワゾベール便り」では
すでにお知らせしていたのですが、
私、実は、6月1日から
新しいビジネスをスタート致しました。
生体エネルギー調整やアロマテラピー、
ウォータトリートメント、ソイルセラピーなどの施術を行う
ヒーリングルームを下高井戸にオープンしたのです。
お店の名前は、
「ミューアンドミュー トロワ」といいます。
おかげさまで、開店以来、
想定以上に忙しくさせて頂いており、
なかなか、デイリーアイを更新できない状態が
続いているというわけなのです。
今後も、出来る範囲で更新は続けて行く予定ですので、
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

さて、昨日の都議選では、自民が大敗を喫し、
44年ぶりに第一党から転落。
代わって、民主党が第一党に踊り出るという
結果となりました。
解散総選挙を巡り、自民党内、
また、各党間の駆け引きが一段と激しくなっているようですが、
来るべき国政選挙で結果がはっきりするまでは
この話題は横に置いておいて、
今日は、政治とはまったく関係のない
ほっとする話題を取り上げてみましょう。

この間、北海道の実家に帰った友人から
大変珍しいおみやげを頂きました。
そのお土産とは、
カルビーが『ポテトファームブランド』で
北海道で限定販売を行っている
「じゃがポックル」というお菓子です。

生のじゃがいもをステック状にして
そのままフライしているスナックなのですが、
これが、ものすごくおいしいのです。
18グラムの子袋入りなので、
あっという間になくなってしまいました。
このお菓子、とても希少性が高いものなんですよ。
買ってきてくれた友人に感謝!!

製法や食感は「ジャガビー」に似ていますが、
じゃがポックルは原材料と手作り感を
大切にしているので、
手間がかかり、少量しか製造できない分、おいしい。
サクサクした食感と、じゃがいもの甘みが
たまりません。

じゃがいもは基本的に、北海道産のみを使用。
(品薄時には、他県のものが使われることもあるそうです。)
オホーツクの自然塩を使用しているので、
じゃがいもの甘みがひきたつのですね。

現在、じゃがポックルは、
千歳空港と北海道内のお土産店等で販売されていますが、
極端な品薄状態で手に入れるのがむずかしい
お土産の1つとされています。
一時期は、千歳空港では、
入荷時間前に行列ができていたのだそうですよ。
今は、緩和されているようですが、
「お1人さま5個まで」と販売数量制限が
もうけられているのだとか。

北海道に行かなければ買えないのかと、
ちょっと調べてみたところ、
楽天で通販を行っていますが、
みな、売り切れ状態でした。

ロイズのチョコや、花畑牧場の生キャラメル、
夕張メロンゼリーなど他の北海道のお土産品との
抱き合わせ販売ならば、
じゃがポックルを購入することはできるようですけど・・・。
楽天も商魂たくましいですね。

それにしても、北海道、得に千歳空港というところは、
おもしろいところですね。
この場所から、全国展開で通用するお菓子を
次々に送り出しているのですから。
最も、ヒット商品を生み出す確率の高い
アンテナショップこそが千歳空港のお土産品売場なのですね。

(2009/7/13 記)